改善方法を利用していこう

飛行機での耳の不調に

飛行機に乗っていると、耳鳴りや、耳の中に膜がはっているような感覚で、聞こえずらい症状に悩まされる人も多いのではないでしょうか。
飛行機が離陸する際、着陸する際に急な気圧の変化で、耳の鼓膜に圧がかかり症状が出ると言われています。
その際に耳抜きをすれば楽になり症状を抑える事ができるのです。
しかし耳抜きには様々なやり方が紹介されています。
その中でも簡単なやり方を紹介していきましょう。

飛行機での耳抜きはわりと簡単に治ると言われています。
対処法として、唾を飲み込んでみたり、飴をなめてみたり、あくびをしてみたりしてください。
それでもダメなら、口から少し息を吸い込み、鼻をつまんで口も閉じます。
口の中にある息を耳に送り込むようにしてみてください。
ほとんどの場合楽になるでしょう。
ただし注意点として、息を口にいっぱい入れずに少量の空気で良いです。
空気が大きすぎると、逆に鼓膜に傷がつく可能性があるからです。

補聴器で聴覚を回復

高齢になるとどんどん耳が聞こえずらくなる事は仕方ないですよね。
原因として音を感じ取る内耳の感覚細胞が高齢になるのと共に、数が減っていってしまうのが、原因とされています。
老人性難聴と言われて、次第に極端に高い音や低い音を感じるのが鈍くなり、徐々に難聴の範囲が広くなっていきます。

こういう時に役に立つのが補聴器です。
最近の補聴器は本当に機能的で、付けていてもあまり目立たないデザインになっていますので、気にする事なく購入できます。
値段も手ごろな補聴器もあります。
値段が安いからと言って機能が悪いわけでは決してないので安心して使ってみてはいかがですか?
しかし、その前に耳に異変を感じたら必ず病院へ行って調べてもらう事をお勧めします。