耳の聞こえが悪い時は病院へ

耳掃除のやり方はあっていますか?

耳が聞こえずらくなる要因として、耳掃除に問題がある可能性があります。
耳掃除は必要です。
しかし、しすぎも駄目で、二週間に一度で良いのです。
しかし、耳掃除をしすぎてしまうと、耳に傷を作ってしまい、そこからばい菌が入って何らかの病気になってしまう事もあるのです。

綿棒を使っている方も、掃除していると思いきや、綿棒でごみを押し込んでしまっている可能性もあるのです。
そうすると、中にごみがどんどんたまってしまい、聞こえずらくなってしまいます。
どちらとも早いうちに病院で処置してもらえば大事に至る事はないでしょう。
耳掃除のやり方、使う道具、期間を気にしておけば防げる事です。
聞こえずらいなと少しでも思ったら耳掃除の期間を開けたり、使う道具を変えてみることが良いでしょう。

ストレスは耳にも良くない

耳の聞こえが悪くなる原因として、日々のストレスが関係しているのをご存知でしたか?
ストレスを抱えると自律神経が崩れてしまい、それが原因で難聴の症状を引き起こしてしまう事があるのです。

難聴になると、耳の聞こえが悪くなるだけではなく、めまいや耳鳴りが出てきてしまうので、そのせいでまたストレスを感じ、なかなか自力で治すことは、難しくなってしまいます。
日々のストレスを減らす必要があるので、休日はストレスを解消するためにも、好きなことをして、体と心を休めることが大事です。
最近、耳が聞こえずらい時があると感じたときは、自分の生活環境や、体の疲れ、精神的な疲れがちゃんと取れているかを、見つめ直してみてください。
そして、迷わずに病院を受診することをお勧めします。